2021.09.25

「えんとつ町のプペル」映画化!YouTubeに予告編がアップされたぞっ!!

こんにちは、西野亮廣エンタメ研究所に入りたいけどクレジットカードが持てず、両親を口説くのに長く苦労している村木です。

今日はなんの日ですかっ!
オンラインサロン会員でもなんでもない僕でも知ってます。

そう。

キングコング西野亮廣さんが手掛けた「えんとつ町のプペル」の映画予告が公開された日です!

絵本『えんとつ町のプペル』が以前大きな話題となってから、ついに今年の12月、映画「えんとつ町のプペル」が公開されるのです。

作品自体は「映画をつくろう」から制作が始まり、それが7、8年前のことになるそうです。
絵本で描かれているのはその長い物語の途中から途中までを切り取った部分で、整理をすると

絵本の内容がそのまま映画になったわけじゃなくて、もともと映画をつくる規模の大きな物語が7、8年前に生まれて、その全体像がついに今年2020年の12月に公開される

というわけです。

これまでの流れは西野さん自身がつい先ほどブログを更新されていたのでこちらをみると面白いかと!

https://twitter.com/nishinoakihiro/status/1293669707703181312?s=20

そして西野さんが描かれた絵本をガッツリ全部覗き見できるので知らない方は一度訪れてみることをお勧めします!

https://www.instagram.com/p/CDzlKr8A9lO/

ちなみに僕はインスタグラムをフォローしているのですが、朝起きて清々しい気持ちでストーリーを見るとたいてい「二日酔いだ!」とか「飲んだ!」という文字とともにベロンベロンな西野さんのドアップな顔が飛んできて「僕はこんな大人にはなっちゃいけない」と自分を奮い立たせることができるので、1日のスタートが前向きに切れてお勧めです。

僕は映画を友達と一緒に観に行く予定です。
ここまで誰かの作品の背景とか制作過程に惹かれたのは初めての体験で、その集大成が映画館で観れるのだから行かない手はないっす。

最後になりますが、僕はオンラインサロンに入っていない分、オンラインサロン以外の領域は全てカバーしている自信があります。

そんな僕がぜひ学生だったり社会人の方にお勧めしたいのが「毎朝通勤通学中に西野さんのVoicyを聞く」です。

https://voicy.jp/embed/channel/941/93024
↑今日のVoicyです!

Instagramのストーリーで見た「お酒に溺れるカッコ悪い西野さん」というイメージが朝のうちに「カッコいい西野さん」に置き換わってくれるますし、日常に取り込んでみるとそれまでよりもっとワクワクする機会が増えると思うのでお勧めです!

それでは、素敵な1日をお送りください。
高校生なりに頑張っている、村木瞬でした。(Voicy風)

 

村木 瞬Shun Muraki
Web Designer

Neutral between linear and non-linear.

デジタルメディアのフォーマット
「Linear Native」について研究。

テーマは”リニアとノンリニアのニュートラル”